アディポネクチンで糖尿病の予防

アディポネクチンについて

アディポネクチンで糖尿病の予防、生活習慣を改善したい

更新日:

アディポネクチンと糖尿病

メタボとは、なってしまうといろいろな生活習慣病になるリスクが高まります。

そして怖い病気の一つが糖尿病。

本来は人間の体を動かすために必要なエネルギー源であるブドウ糖(血糖)がインスリンの量に対して多すぎると、血糖値が高い状態が続き糖尿病となるのです。

糖尿病になってしまうと、血管が傷つき柔軟性が失われて分厚く硬い血管となります。その状態が続くと、やがては脳梗塞や心筋梗塞のように命を落とすリスクも出てきます。

ご存知のとおり、糖尿病では症状が進むと、血糖値を下げるために注射でインスリンを補充して血糖値を下げる治療が必要になってきます。

一時的な効果しかありませんが、血糖値が下がれば危険な状態からは脱することが可能なためです。

糖尿病になると、一生治らない病気で死ぬまでずっと病気と付き合っていかなくてはいけなくなるのでホント怖いですよね。

 

アディポネクチンで糖尿病を予防

糖尿病を予防

成人病が悪化して糖尿病へとなってしまうと、失明、インスリン注射、人工透析など会社での仕事どころか普段の生活に制限ができ、趣味やレジャー、そして旅行はおろか日々の当たり前だった生活ができなくなってしまいます

また、生活習慣病の大きな原因となる、日ごろのランチでのラーメンの外食やコンビニ弁当の食べすぎ、そしてお酒の飲みすぎなど暴飲暴食の毎日で体に負担をかけ続けているとやがてなってしまうこわい病気。

さらに、メタボとなると生活習慣病の4つの病気が重症化してしまいます。

このままではいけませんよね。

生活習慣病の症状を少しでも予防していくには、まず悪習慣でなってしまうメタボをなんとかしなければなりません。

いまの生活の中であなたは食生活に気をつけたりしても、お腹のポッコリがなかなか進行していて悩んでいませんか?

年をとっていけば新陳代謝が落ちてくるので思いどおり痩せられなくなり、おなかのポッコリはなかなか治らなくなってしまいます。

ここで、アディポネクチンの数値を普段から気を付けていけば、メタボのお腹のポッコリも改善でき、生活習慣病のリスクも減らせるのでアディポネクチンの数値を意識してあげることが大事。

 

糖尿病になりたくない、生活習慣を改善したい

現代の日本で問題となっている生活習慣病で今注目されているのが「アディポネクチン」というホルモン。

内臓の脂肪によるメタボリックシンドロームに悩む人には、是非意識して欲しい最適なホルモン成分で、アディポネクチンが脂肪細胞が分泌しインスリンの働きを助けてくれることもわかっています。

「アディポネクチン」はインスリンの働きが弱くなるインスリン抵抗性にも関わるものでインスリンが分泌されているのに血糖値が下がらない患者でも「アディポネクチン」を投与すればよい方向にいくのです。

さらに、「アディポネクチン」は食欲を抑える働きもあるのです。

メタボになってしまう人の中には、脂っこいものや肉類ばかりを大量に食べる偏った食生活が原因となる人もいます。

「アディポネクチン」を投与することで過剰とも言える食欲を抑えることが出来れば、血糖値が高くなることを防ぐことが出来、ひいては糖尿病の予防にもつながることでしょう。

それほど効果の高いアディポネクチンではありますが、現在のところ分泌量を増やす薬というものは開発されていません。

血糖値を改善することがわかっているのは、まだマウスを使った実験の段階で、人に技術を応用するのは臨床試験や厚労省の認可などを経なければいけないので時間がかかります。

それでも、食生活の変化や運動不足などによりメタボに悩む人が増えている現代で、画期的な治療が出来る可能性が出てきて健康になりたいと多くの人が願う希望になりえることとでしょう。

会社などでも定期的にある健康診断でもよい数字が出るように、アディポネクチンに注目して体の調子に気をつけていきたいですね。

 

-アディポネクチンについて

Copyright© DSアディポの口コミ , 2018 All Rights Reserved.