アディポネクチン 増やす 運動

アディポネクチンを増やす

アディポネクチンを増やす運動は何がいいのか?

更新日:

アディポネクチンを増やすには運動もおすすめ

善玉ホルモンであるアディポネクチンを増やすには運動することによってもよいとされています。

実際にアディポネクチンを増やすとなると次の3つ

 

アディポネクチンを増やす3つの方法

1.摂取する栄養を工夫する

2.痩せることによってアディポネクチンの分泌の促進をする

3.運動をして脂肪細胞を刺激し、アディポネクチンの分泌促進をする

この中で運動することによって、2・3番が当てはまります。

では、3番の脂肪細胞を刺激するための効果的な運動がないかを調べてみました。

 

脂肪細胞を刺激してアディポネクチンを増やす効果的な運動とは

脂肪組織の働き

図にあるように脂肪組織は、善玉の因子と悪玉の因子の両方に影響を及ぼしており、脂肪組織を構成している細胞には2種類の区分けがあります。

 

白色脂肪細胞

一般的に言われる脂肪で中性脂肪となり体の中にたまりすぎると悪玉の因子が増えて、善玉の因子が減ってしまいます。

善玉の因子である長寿ホルモン「アディポネクチン」、痩せホルモン「レプチン」などを多く分泌させるには白色細胞を肥大化しないようにしなければなりません。

この白色脂肪細胞を減らすということに近道はなく普段からの有酸素運動で健康的に痩せるということが重要です。

 

おすすめの有酸素運動

有酸素運動というとウォーキング、水泳あたりがあたりますよね。

どうしても長期間にわたって継続しないと効果がありませんから、家族や友人などを誘って一緒に続けられるような環境作りをしないと成功しないでしょう。

 

褐色脂肪細胞

参照https://fufufu.rohto.co.jp/feature/54054/2/

白色細胞とは毛並みの違う細胞で、首から肩にかけてある希少で優良な脂肪細胞でベージュ脂肪ともいわれています。

筋肉のような働きがあり、白色脂肪細胞を燃焼させる作用をもっています。

40代をすぎて基礎代謝が落ちて痩せにくくなるというのはこの褐色脂肪細胞が減少するからと言われていますが、そのメカニズムはまだ知られていません。

褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞と違い体の健康のために多くあったほうがよい細胞なので、刺激を与えるとよい効果があります。

 

褐色脂肪細胞を刺激できる運動

褐色脂肪細胞を刺激するには図にある首から肩にかけての筋力トレーニングがおすすめです。ここで考えられるおすすめの運動はやはり水泳、そしてヨガ、ほかにゴルフもよさそうです。

こちらも継続してトレーニングができるような工夫をされたほうがいいですよね。

 

アディポネクチンを増やす運動のまとめ

アディポネクチンを増やすように運動をしたいといっても短期間集中してもそこまで効果は得られないでしょう。

継続して続けられるようにするには体のリズムを整えるためにも規則正しい生活も必要です。

運動だけで健康でありたいというのは無理があるので、食事・運動・睡眠と3つのバランスを保ちながら意識していくが大事ですよね。

また、飲むだけで手軽にアディポネクチンが高められるサプリメントがいくつか販売されていいるので、参考にしてみてください。

-アディポネクチンを増やす

Copyright© DSアディポの評判|アディポネクチンを増やす方法はサプリが簡単! , 2018 All Rights Reserved.