DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしてダイエットできる?

アディポネクチンを増やす方法

アディポネクチンを「きな粉」でドバドバと増やしてみよう

更新日:

きな粉は大豆加工食品の中でもアディポネクチンを増やしてくれる

アディポネクチンを増やせる栄養分というと、大豆に含まれるβコングリシニン、食物繊維、マグネシウムのミネラルが注目されています。

ほかにもアディポネクチンを増やせる栄養分があるのですが、大豆は特にアディポネクチンの分泌にとってとても大事な要素といえます。


大豆は発酵してしまうとβコングリシニンが減ってしまうので、納豆などは栄養はあるもののアディポネクチンに関してはあまりよい影響はありません。

そこで、大豆の加工食品の中で何が一番アディポネクチンにとっていいのかを調べたところ、きな粉というものがありました。

ここできな粉はどんなものなのかをWIKIより抜粋してみます。

「きな粉」
きな粉には多くの蛋白質が含まれている。


また、大豆オリゴ糖により善玉菌を増加させ、食物繊維も多く含み、便を軟化させる栄養素を持つため、便秘改善に役立つ。


また、粉にすることで消化が良くなり、大豆の栄養素を効率的に摂取できる。


他にもカルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルも多く含まれている。


前述のオリゴ糖の働きを上げるため乳製品(主にヨーグルト製品)を同時に摂取すると効率が良く、 その利便性から、近年ではプロスポーツ選手も牛乳に溶かすなどして、よく摂取している。


WIKIより

きな粉

ここでみると、先にあげたような大豆に含まれるβコングリシニンはもちろんのこと、食物繊維、マグネシウムも言及されています。


つまり、きな粉はダイエットや健康増進によい大豆イソフラボンやオリゴ糖などが含まれており、健康的な食材として有名でしたが、 アディポネクチンも増加させる効果も持っていたのです。

一般的に女性は、「きな粉」が大好きなのですが、ダイエット好きな女性は本能的に「きな粉」を求めているとなると腑に落ちるところでもありますね。

-アディポネクチンを増やす方法
-, ,

Copyright© DSアディポの口コミ , 2019 All Rights Reserved.