DSアディポの口コミ|アディポネクチンを増やしてダイエットできる?

アディポネクチンを増やす方法

アディポネクチンを増やす運動は誰でもできるあの方法

更新日:

アディポネクチンを増やす運動

アディポネクチンを増やす運動について

善玉ホルモンであるアディポネクチンを増やすには運動することもよいとされています。

脂肪細胞を刺激する効果的な運動について

脂肪組織の働き

図にあるように脂肪組織というのは、善玉の因子と悪玉の因子の両方に影響を及ぼしています。

また、脂肪組織を構成している細胞には2つの区分けがあります。

白色の脂肪細胞と褐色志望細胞です。

 

白色脂肪細胞とは

一般的に言われる脂肪というのは中性脂肪で、体の中にたまりすぎると悪玉の因子が増えて、善玉の因子が減ってしまうことで有名。

ここで善玉の因子である長寿ホルモン「アディポネクチン」、痩せホルモン「レプチン」などを多く分泌させるには白色細胞を肥大化しないようにしなけれならないのです。

そのため、この白色脂肪細胞を減らしていきたいというときは、普段からの有酸素運動を継続的に行わなければならないので、持続的に努力をしていかなければなりません。

 

白色細胞を減らすためのおすすめ有酸素運動

運動によって白色細胞をに働きかけるには有酸素運動が有利となります。

有酸素運動というとウォーキング、水泳あたりがあたりますよね。

簡単にはじめるとしたらまずはウォーキング。

でも、どうしても長期間にわたって継続しないと効果がありませんから、家族や友人などを誘って一緒に続けられるような環境作りをしないと難しいところ。

まずはウォーキングに適したシューズやお気に入りの服装を揃えて気合いを入れれば、重たい腰もあがりやる気も起こるのでおすすめです。

 

褐色脂肪細胞とは

参照https://fufufu.rohto.co.jp/feature/54054/2/

褐色細胞は、白色細胞とは毛並みの違う細胞で、首から肩にかけてある希少で優良な脂肪細胞でベージュ脂肪ともいわれています。

一方、筋肉のような働きもあり、白色脂肪細胞を燃焼させる作用があります。

40代をすぎてくると基礎代謝が落ちて痩せにくくなりますが、その原因はこの褐色脂肪細胞が減少するからと言われていおり、まだまだそのメカニズムはまだ知られていません。

しかし、褐色脂肪細胞というのは、白色脂肪細胞と違い健康のために多くあったほうがよい細胞なので、体に刺激を与えながら褐色細胞を増やそうとしていく努力は体によい効果があるとされています。

 

褐色脂肪細胞を刺激できる運動

褐色脂肪細胞を刺激する運動には、首から肩にかけての筋力トレーニングがおすすめ。

おすすめの運動としては水泳、そしてヨガ、ほかにゴルフもいいでしょう。

そして、そのほかに誰でもできる運動としては、筋力トレーニングがあります。

筋力ドレーニングであれば、自分ひとりでも簡単にできるのでおすすめです。

流行りのジムやお近くのスポーツセンターなどで継続して通えるよう、友人を誘ったりと工夫をされたほうがいいですよね。

筋力トレーニングを行い、褐色細胞を増やしていけばアディポネクチンの分泌も上がってくることでしょう。

 

-アディポネクチンを増やす方法
-, ,

Copyright© DSアディポの口コミ , 2019 All Rights Reserved.