アディポネクチンの作用と効果

アディポネクチンについて

アディポネクチンの作用と効果についてチェックしましょう

更新日:

アディポネクチンの作用と効果

DSアディポが評判なのはこのアディポネクチンの分泌を高めることになります。ここで改めてアディポネクチンで期待できる効果と作用を確認してみましょう。

 

アディポネクチンとは体内の脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの事で長寿の秘訣!

アディポネクチンはどのような作用と効果があるのかというと、東京大学医学部の門脇 孝教授や山内敏正准教授らの研究チームがあきらかにし、科学誌「Nature」電子版に発表しました。

研究の結果、脂肪を燃焼させる働きで人間の体の体重を減らしたり、血液をサラサラにしたり健康を維持する作用があることが分かり「やせホルモン」といわれています。

 

アディポネクチンは脂肪細胞からできる超善玉ホルモン?

えっ、アディポネクチンは脂肪からできるのに大丈夫?

脂肪とは、通常食べたものをエネルギーとして貯蓄したり、体温を正常に保つための役割が大きいと考えられています。

アディポネクチンは脂肪細胞が健康で適正な小ささをしている時は一定の量排出されますが、肥大化しているものからは生み出されなくなるという性質をしています。

この特性が内臓肥満や高血圧などで顕著に表れるため、メタボリックシンドロームかどうかを計測するひとつの指標としてアディポネクチンの値を用いることが可能。

1990年代という比較的新しい時期に発見されたため現在でも研究が続けられていて、具体的な例として糖尿病や脳梗塞にガンなどの予防や改善に繋がるものであるという報告もなあるほど。

アディポネクチンには分子の形によってそれぞれ型が異なり、その中でも複数の分子がまとまった高分子型は動脈硬化に対しての抵抗性能があると考えられているのです。

しかし、最近の研究によると、逆に脂肪細胞は様々な生理活性物質のタンパク質のホルモンを分泌することがわかったのです。

アディポネクチンって何?語源の由来を調べてみた

1996年に大阪大学で発見されたアディポネクチンは「ジャパニーズホルモン」とも言われて、その役割からもアディポネクチンは長寿ホルモンや超善玉ホルモンとされ、さまざまな効果が期待されているのです。

この名前の由来でも「アディポネクチン」のアディポとは「脂肪」ネクチンは「くっつく、接着」という意味で、血管の壁などにくっついて血管を修復するという性格から名付けられているのです。

アディポネクチンは、脂肪からでるホルモンの一種で健康でいるかどうかの指標数値として大変注目されています。

 

アディポネクチンの作用

ユーグレナのように健康によいとされるもので具体的に言うと次のような病気にはいいとされています。

  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 肥満
  • がん
  • 糖尿病

アディポネクチンのホルモンは血管の中に沢山あり、血液が体全身を巡り傷ついた血管を修復したり広げてくれます。

そして、血流の流れを良くし高血圧予防にもなりますし、その結果大きな病気にならないよう身を守ってくれるのです。

まず、動脈硬化の心配がなくなれば、脳梗塞や心筋梗塞といった病気の予防にもなるという事です。

またアディポネクチンは糖質やコレステロールの代謝にも関係していて、血糖値が低い空腹時に脳へアディポネクチンがいくと食欲を抑える作用があり、食事量を減らす事が出来ます。

その結果ダイエット効果にも繋がる効能があります。

さらに血管内のアディポネクチンが著しく低くなると胃がんや大腸がん、前立腺がん、そして乳がんになるリスクが高くなります。

アディポネクチンを増やす事ができれば抗がん作用も期待できると注目されているのです。

他にもアディポネクチンには糖質の代謝を促進して、体内でインスリンが正常に作用するように働きかける効果があるのでは糖尿病予防にもなると言われています。

 

-アディポネクチンについて

Copyright© DSアディポの口コミ , 2018 All Rights Reserved.